退院しました

前回の記事でお伝えしましたように、病気で入院していましたが、本日退院しました。

手術を二回しました。まだいろいろとアレなんですが、これからよくなっていくといいなぁ。
入院中はネットができず(スマホ持ってないので)、しかも病室のテレビも観なかったので(家でもアニメしか観ないし)、帰宅してからネットをやるとプチ浦島太郎状態。

あ、でも同じ病室のとなりの患者がイヤホンを使わずにたまにテレビを観ていたから、安倍さんが辞めて管さんが首相になったことはニュース音声で知りました。
俺がのし上がって権力の座につくまで中継ぎがんばって下さい。>ガースー

以下、入院中あったこと。

・去年入院したときは、食事は食堂に集まって食べるのが基本だったのが、コロナの影響で看護助手さんたちが病室まで運んできてそこで食べる形式になっていた。
いちいち病室まで配膳するのが大変そうだった。

・前も思ったけど、病院食めっちゃ美味い。
いろいろと制限のある食事でしたが、まったく不満なし。退院後もずっと食べたいくらい。
よく病院食はまずいと文句を言う人がいるって話だけど、逆にふだんどれだけいいもん食べてんだ。

・入院は四人部屋だったのですが、カーテンで仕切られているだけなので、いやでもほかの人の事情がわかってしまう。
同室の患者が看護師と「入院中は酒が呑めなくてつらい」という話をしているのを聞いたとき、ふいに頭のなかでトトロのメロディが流れてきて、

「アッルコール♪ アッルコール♪ 私は元気~♪」

という明るい歌声が脳内再生されて一人でウケてた。

・一回目の手術のとき、手術室を使う順番がその日の三番目というのを聞いて、「三番目か……手術室もあったまってくるころだな」と意味不明なことを考えて、脳内の辣腕医師がスポ根的ににやりと笑うシーンが浮かんで一人でウケてた。

どうも病気で不安になるとむりにでも笑いを求めるようになるみたいだ。

あと、斜向かいのベッドにいた年配の患者が、「(あした手術だから)まな板の上の鯉だよ」と滑舌悪く言ったのを、若い女性看護師さんが「真夏の恋……?」と怪訝そうに聞き返していたのがかわいかったです。